今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

開始早々の失点がゲームプランを狂わせてベレーザに敗戦【河合貴子 試合のポイント/プレナスなでしこリーグ第5節日テレ戦】

善戦虚しく今季2度目の黒星

木漏れ日が優しいゴールデンウィークの最終日。浦和レッズレディースは、日本女子サッカーの女王である日テレ・ベレーザを浦和駒場スタジアムに迎えた一戦だ。

浦和は、ジェフユナイテッド市原・千葉に完成度の高いセットプレーから失点して0-1で本当に悔しい思いをさせられて初黒星を喫したが、3勝1敗でINAC神戸とACパルセイロ長野と勝ち点が並び、得失点差で首位をINACに譲りに、2位につけていた。それだけに、5位のベレーザを討ち負かし、次節の首位攻防戦となるINAC戦に弾みをつけたいところであった。

ベレーザは、中盤に三浦選手をアンカーに置き、右から宮澤選手、田中選手、植木選手の3トップの4-3-3だ。浦和としたら、この3トップにボールが収まる前にパスの出所を抑えて、攻守の切り替え早くアンカーの脇のスペースをうまく使ってゴールと襲い掛かりたいところであった。

しかし、試合の立ち上がりの5分にゴール前の混戦の中からかき出すように高畑志帆選手がクリアしたボールを宮澤選手に拾われ、勢い良くシュートを決められてしまったのだ。1点のビハインドを追う浦和は、何とかベレーザのゴールをこじ開けようと奮闘するも、69分に北川ひかる選手の裏を宮澤選手に突かれて、田中選手に追加点を決められてしまい0-2でベレーザに敗戦。善戦虚しく、今シーズン2度目の黒星となってしまった。

開始早々の失点がゲームプランを狂わせる

(残り 2445文字/全文: 3052文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック