浦レポ by 浦和フットボール通信

遠藤航は3DFでも4DFでも連携した守備に自信


(Report by 河合貴子)

それぞれの難しさとは

「基本的に鳥栖は走れて闘えるチームだ。それに負けないこと!まずは、自分たちがしっかりボールを動かしながら、チャンスメイクしていくことが大事だ!」と遠藤航選手は、凛とした口調で鳥栖戦に向けて話した。

前線からのプレスをかけてショートカウンター、もしくはしっかりと守備ブロックを作り堅守速攻を武器する鳥栖には、ケガから復帰してきた追う撃力を誇るイバルボ選手がいる。

だが、遠藤選手は「普通にいつもどおりやれば良いと思う。難しく考えずにね」とニヤリと笑い「彼が、ボールをもったときの間合いとか、やりながら対応していく。チャレンジ&カバーでやっていきたい」と、ファーストディフェンスとセカンドディンフェスの連携でイバルボ選手に仕事をさせない自信を持っているようであった。

(残り 944文字/全文: 1301文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ