浦レポ by 浦和フットボール通信

岩波拓也、キャンプ初日に憧れの選手と対決に「幸せだった」


(Report by 河合貴子)

神戸時代のチームメイト

「自分が大好きな選手と練習試合で対戦できたのは、うれしい。幸せだったけど、もう少し出ていてほしかった」と目を細めたのは岩波拓也選手であった。岩波選手が大好きな選手とは、大久保嘉人選手であった。

「小学校の時から、Jリーグで誰が一番って?言われたら大久保選手だった。あの頃は、やんちゃだった。僕もどちらと言えば、やんちゃだったので憧れていた。当時は、セレッソにいて練習場に行ってサインをもらった。神戸で一緒にできたのは、夢のようだった。いろんなチームで常に得点を獲っている。やっぱり、すごい選手だ。これからジュビロでゴールをたくさん獲ってほしいと思う。ゴール前に入ってくる嗅覚は、素晴らしい。ヘディングも強い。ペナ(ペナルティーエリア)の中では、怖い選手だと思う」と目を輝かせていた。

(残り 526文字/全文: 891文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ