浦レポ by 浦和フットボール通信

猶本光のラストゲームとなるベレーザ戦に完封勝利【河合貴子 試合のポイント/プレナスなでしこリーグカップAグループ9節 日テレ戦】


(Report by 河合貴子)

女王ベレーザに完封勝利

プレナスなでしこリーグカップ・グループステージ、勝っても、負けても決勝へは進出できない。それでも、どうしても勝ちたい相手がいた。なでしこリーグでは首位を走り、カップ戦では決勝進出を決めている日テレベレーザだ。日テレに勝って、ドイツへと旅立つ猶本光選手のはなむけにしたい思い。今シーズン、2敗している日テレに対して勝ちたい思い。女王の日テレを相手にして、浦和レッズレディースの選手たちの強い思いがピッチにあふれていた。

48分に猶本選手の左CKを長船加奈選手が、打点の高いヘディングシュートを見せつけて先制。79分には、安藤梢選手の絶妙なタイミングのパスから相手DFの間をすり抜けた高橋はな選手が、GKと1対1になりながら冷静にゴールへと叩き込んだ。

浦和は、しっかりとした粘り強い守備で女王・日テレに決定的チャンスを作らせずに、2-0の完封勝利を収めたのだ。真夏の夜風が、本当に心地良く感じられた。

過去2戦を教訓に隙を与えず

(残り 3379文字/全文: 3814文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ