浦レポ by 浦和フットボール通信

川崎の守備ミスを突いて先制、危険な場面を耐えて連勝に成功【轡田哲朗ゲームレビュー/明治安田生命Jリーグ第19節 川崎戦】


(Report by 轡田哲朗)

オリヴェイラ監督の設計図は武藤を使った可変システム

浦和レッズは1日の川崎フロンターレ戦に2-0の勝利を収めた。前節が首位のサンフレッチェ広島に敵地での勝利、今節がホームで暫定3位にいた川崎からの勝利と、上位陣を連続で撃破したことはチームの充実度を結果で証明することになった。

スタメンは中3日となった前節の広島戦から変更なし。中断明けとなった18日の名古屋グランパス戦からのリーグ4試合の流れを見れば、ファブリシオが登録された2試合目のセレッソ大阪戦から前線の構成は変わらず、遠藤航が移籍でチームを去った前節から岩波拓也が定着。基本的に、スタメンが固定されてきているのは明らかなところだ。

(残り 2246文字/全文: 2553文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ