『タグマ!サッカーパック』全35メディアが読み放題

浦レポ by 浦和フットボール通信

猛暑の中で見つけた選手たちが残した痕跡に思わずうれしくなった【こぼれ話】


(Report by 河合貴子)

芝生を管理する人が「今までの選手の中で一番負けた」と敗北宣言

茹だるように暑く、滴り落ちる汗は止まることはない。練習を終えて引き上げてくる選手たちは、頭から水を被ったように汗でビッショリになっていた。

居残り練習を終えて、建物の影で阿部勇樹選手が一休みしていた。「意外と涼しいよ」と阿部選手。すぐにロッカールームで涼みたいところだが、火照った身体を急激に冷やさずにゆっくりと冷まして身体に掛かる負荷を軽減させていたのだ。外気と室内の温度差が激しいと夏バテの要因になることを知っているようだ。さすが、ベテランの阿部選手であった。

(残り 511文字/全文: 786文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題