浦レポ by 浦和フットボール通信

リーグ戦は残り9試合 終盤戦をいかに戦うべきか


(Report by 河野正)

ACL出場のために必要なのは天皇杯タイトル

終盤戦に突入したJ1リーグは、4チームを除いて残り9試合となり、日本代表の国際親善試合のため2週間の中断期間に入った。タイトル争いのほか、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権や残留争いにも、だんだんと耳目が集まってくる頃合いだ。

昨季のアジア王者・浦和は、25試合を戦って8勝8分け9敗、勝ち点32の暫定9位にいる。4年ぶりに優勝争いから脱落し、7位に低迷した昨年の第25節終了時が勝ち点39の8位。1年前より獲得ポイントで劣り、首位広島とは勝ち点23差と大きく水をあけられ、優勝戦線に参加できる立場ではなくなった。

(残り 1166文字/全文: 1461文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ