浦レポ by 浦和フットボール通信

平川忠亮が感じている攻守におけるスローインがチームの課題改善につながる部分とは


(Report by 河合貴子)

ミニゲームで重要な役割を担う

YBCルヴァンカップは開催されたが、ナショナルマッチウィークで約2週間中断されたJリーグ。A代表で槙野智章選手やU-19日本代表メキシコ遠征で荻原拓也選手と橋岡大樹選手が不在であったが、浦和にとって、残り9試合に向けチームを立て直す絶好の機会が与えられた中断期間となった。

週末に再開するJリーグに向け、秋の気配が深まるピッチに「ヒラ~!ヒラ!」とオリヴェイラ監督の声が何度も響き渡った。今日の練習で一番名前を呼ばれた選手は、平川忠亮選手であった。

(残り 892文字/全文: 1143文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ