遠距離恋愛サポは切り捨てられてしまうのか(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

アンドリュー・ナバウトが「出来るだけ、早く試合に出たい!」と目を輝かせて語った復帰戦の目標は?


(Report by 河合貴子)

対人プレーができるまでに回復

「出来るだけ、早く試合に出たい!」と目を爛々と輝かせたのは、アンドリュー・ナバウト選手であった。

5月2日に開催されたアウェイ川崎戦で、リーグ戦初スタメンで躍動していたナバウト選手であったが、GKと接触から小さな骨の欠損もある右肩を脱臼し長期離脱を余儀なくされてしまった。一時帰国して治療に専念し、なんとかワールドカップロシア大会に間に合わすことができたのだ。

しかし、再びナバウト選手に悲劇が・・・。6月21日にオーストラリア代表として誇りをもって闘ったグループリーグ第2戦のデンマーク戦で、74分に空中で競り合ったときに、ピッチで右手を着いて着地してしまい、そのまま右肩を押さえて倒れ込んだのだ。川崎戦で痛めた右肩であった。

(残り 526文字/全文: 866文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック