浦レポ by 浦和フットボール通信

山田直輝、トレーニングメニューに切り替える時期まで順調に回復!リハビリを見守ってきた野崎アスレチックトレーナーだからこそ感じている直輝の気持ちとは


(Report by 河合貴子)

復帰に向けて必死に取り組む

山田直輝選手が、右腓骨骨折をしてからすでに3か月が経過をしていた。全治約4か月と診断されていたが、先週よりも走るフォームも軽やかで力強く、走るスピードも上がっていた。

野崎アスレチックトレーナーは「リハビリメニューから、トレーニングメニューに切り替えるところまできている」と山田選手の走る姿を見守りながら、うれしそうに微笑んだ。

それは、山田選手が怪我人ではないことを意味していた。

(残り 344文字/全文: 560文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ