【サッカー人気5位】浦和式ゼロトップが機能して完勝するも、…

浦レポ by 浦和フットボール通信

青木拓也が鹿島戦の失点を糧に天皇杯に挑む


(Report by 河合貴子)

鹿島戦勝利に屈託の笑顔をみせる

「良かったなぁ~。最近、鹿島に勝っていなかったし、結果が出て本当に良かった」としみじみと青木拓矢選手は、鹿島戦の勝利を振り返った。

そして「5DFになって中盤でのバランスは、常に意識していたことだから特に気にはしていなかった。毎回DFラインに吸収されないように、イメージしてやっているしね。バランスが、本当に良かったと思う」と屈託の笑顔をみせた。

(残り 737文字/全文: 938文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ