【サッカー人気3位】Jリーグと東京都に見る「3密」対策の違…

浦レポ by 浦和フットボール通信

主導権を握るも日体大に0-1と惜敗。課題と手応えとは【河合貴子 試合のポイントポイント/プレナスなでしこリーグ1部17節 日体大戦】


(Report by 河合貴子)

ホーム最終戦を勝利で飾れず

日テレベレーザが、圧倒的な強さを見せつけ1試合を残して、なでしこリーグ4連覇達成した翌日、浦和レッズレディースは日体大FIELDS横浜とホーム最終戦を闘った。

浦和にとっては、日体大を撃ち破り今シーズンを3位終えるための足がかりにし、皇后杯に向けての手応えにしたい試合であった。さらに、ホーム最終戦という意味では、勝利して有終の美を飾りたいところであった。

一方の日体大は、なでしこ1部リーグに残留するためには勝ち点が何としてでも欲しい試合だ。

両者のモチベーションという意味では、明らかに違いがある。浦和にとっては、難しい試合になってしまった。勝利への執着心で勝っていたのは、残念ながら日体大であった。

吉良知夏選手は「日体大は、今シーズン残り2試合で残留が掛かっていた。前節のセレッソもそういう気持ちで向かってきて、経験をしていた。そういう面では、本当に向こうは必死になってくるというのは試合前から想定できた。

ただ、自分たちも自力で3位にいける順位にいた。ホーム最終戦だし、勝負にこだわってサポーターの方と最後に笑って終わりたい気持ちはあった」と悔しさを噛み締めながら話していた。

(残り 2993文字/全文: 3508文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック