浦レポ by 浦和フットボール通信

マルティノスがシャドーに手応えを感じた理由とは


(Report by 河合貴子)

得意ポジションに入り水を得た魚のようにプレー

今シーズン、リーグ戦残り3試合と天皇杯のみとなった。来シーズンのACL出場権獲得を目指して、可能性がある限り全力を尽くす。

G大阪に1-3と敗戦を喫してしまったが、リーグ戦の札幌、湘南、FC東京と天皇杯に向けてしっかりとした準備をしていく。そのために、ユースとの練習試合が行われたのだ。

「自分のポジションでプレーができれば」と声を弾ませたのはマルティノス選手であった。

(残り 1148文字/全文: 1367文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ