浦レポ by 浦和フットボール通信

敵は「コンサドーレ」のみにあらず ミシャサッカーの生命線を切れるか

(Report by 轡田哲朗)

橋岡がスタメン復帰、阿部が継続起用の見込み

浦和レッズは10日にコンサドーレ札幌とのアウェーゲームを迎える。前節にガンバ大阪から1-3の敗戦を喫したことで、リーグ3位以内での来季AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得は、かなり他力の色が濃くなった。それでも、リーグ3位に入りそう鹿島アントラーズが天皇杯で優勝すれば、その枠は4位に転がり込む。それは浦和の天皇杯準決勝での敗退を意味するので複雑だが、なんであれ可能性を残しておくことはプロのサッカークラブとして必要なことだ。

(残り 2315文字/全文: 2568文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ