浦レポ by 浦和フットボール通信

最後まで手を緩めることなく8得点【平国大とのTMレポート】

8得点の大勝

リーグ最終節・FC東京戦を有終の美で締めくくり、ACL出場権獲得を目指し天皇杯優勝を目標に掲げる浦和。敗戦を喫した湘南戦から一夜明け、気持ちを切り替えて今シーズン残りの試合に向けて準備に取りかかった。

その1つが、平成国際大学サッカー部とのトレーニングマッチだ。湘南戦を出場停止で欠場した柏木陽介選手にとっても、ゲーム感覚やフィジカル的にも良い調整になる。

怪我人が多いため練習試合を行うのにもメンバーが足りず、先日から練習生として参加しているJFAアカデミーのMF高木一史選手と阪南大学付属高校のFW和田育選手、さらに平成国際大学サッカー部の選手をお借りして試合を行うことになった。

(残り 1548文字/全文: 1844文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ