都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

青木拓矢が最終戦復帰に意欲「あと2歩の差を埋める」


(Report by 河合貴子)

もう痛みはない

浦和にとって天皇杯決勝を含めて、残す試合は3試合。リーグ戦でのACL出場権を手に入れることが出来なくなった現状を踏まえ、リーグ最終戦となるFC東京戦は天皇杯を見据えた闘いをし、内容と結果にこだわりたい。しかし、不敗神話の得点源である武藤雄樹選手が湘南戦で負傷交代してから別メニューで調整が続いていることが気になる。

武藤選手は「試合に向けて準備していきたい。そんな大きな怪我ではないから」と笑顔をみせ「残りリーグ戦と天皇杯に向けて準備をしていくだけだ」と話していた。天皇杯決勝まで3連戦になるため、万全を期して挑みたいところだ。

(残り 581文字/全文: 865文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック