Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

「もっともっと成長した姿を見せられるように来シーズン大分で頑張って来ます」伊藤涼太郎が大分トリニータへ期限付き移籍


水戸ホーリーホックに期限付き移籍していたMF伊藤涼太郎(20歳)が大分トリニータへ期限付き移籍することになったことを浦和レッズが発表した。なお期限付き移籍期間は2019年2月1日~2020年1月31日まで。

【選手名】伊藤 涼太郎(いとう りょうたろう) ITO Ryotaro
【生年月日】 1998年2月6日生まれ(20歳)
【出身地】 大阪府大阪市
【身長/体重】 174cm/62kg
【ポジション】MF
【サッカー歴】AVANTI KANSAI FC→セレッソ大阪U-15→岡山県作陽高校→浦和レッズ→水戸ホーリーホック(育成型期限付き移籍)
【出場記録】
通算出場/得点 J1 1/0 J2 40/9 リーグカップ 1/0 天皇杯 1/0 ACL 0/0

選手コメント

浦和レッズのファン・サポーターのみなさま、来シーズンから大分に期限付き移籍することになりました。プロ1年目、2年目と、なかなか試合に絡めず、本当に苦しいシーズンでした。その悔しさをバネに今シーズン水戸ホーリーホックで試合に出ることができ、プレーを評価されて、大分に行くことができました。でも、埼玉スタジアムの最高の雰囲気の中、プレーする夢も抱いています。そのためにもっともっと成長した姿を見せられるように来シーズン大分で頑張って来ます。少しでも自分のことを気にかけてくれたら嬉しいです。

※伊藤涼太郎は、浦和レッズと対戦するすべての公式戦に出場できません。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック