湯麺戸塚にいく(海江田哲朗)【J論】

浦レポ by 浦和フットボール通信

無料記事:沖縄キャンプ1日目ダイジェスト

沖縄キャンプがスタート!オリヴェイラ監督も「絵画のよう」と最高の環境を喜ぶ

オリヴェイラ監督は「過去の経験からここまで素晴らしいピッチが用意されていることはなかった。良い時間を過ごせる期待を抱いている。ここでのトレーニングのインスピレーションを持って、試合に臨み、勝利を収めることができると思う。バスが向かってくる途中で、カーブを曲がったときに目を疑った。絵画かと思うほど素晴らしいピッチで、庭のような芝生で踏むのがもったいない。しかし、このピッチを使うのが我々の仕事だ。素晴らしいピッチを活かしたトレーニングをしたい。金武町の歓迎を感謝したい。我々を受け入れるための努力も分かっている。いつまでも感謝の気持ちをもっていきたい」と話した。

ロックバンドのモノマネをする罰ゲームをしたのは?【こぼれ話】

キャンプ初日の午前の練習最後に行われたのは、いかにもオリヴェイラ監督らしいメニューであった。ポゼッションゲームで色分けされた青、白、ピンク、ビブなし(黄色)の4チームに分かれてのビブ別対抗「ボールとコーンとビブ運び合戦」だ。

ルールは、1人目がピッチに散らばっている自分の色のビブを集めて、コーン2つとボール5個を足を使わずに運んで味方にタッチする。2人目は、ビブとコーン2つ、ボール5個を定位置に戻して自陣に帰り、3人目にタッチ。3人目は、置かれたビブとコーン2つ、ボール5個を自陣に持ち帰り4人目にタッチ。これを7人で繰り返して競うのだ。

もちろん、負けたチームには罰ゲームが待っている。「負けチームには、ロックバンドのモノマネをしてもらう。ギターが3人、ドラム、パーカッション、ボーカル1人だ」とオリヴェイラ監督。

沖縄キャンプでの必需品は?橋岡は大好きなあれを持参【西川、荻原、橋岡編】

○橋岡大樹選手
「言いたいことはあるんですけど・・・。サッカー選手が言って良いんだろうか?」とかなり意味深の言いまわしで困った表情を浮かべた橋岡選手。そして、わざわざ広報に内緒話で確認し出した答えは、「お菓子」であった。

沖縄キャンプ初日からみっちりと午前午後の2部練習【沖縄キャンプ1日目】

午前の練習が終了するとオリヴェイラ監督は「今週は、このような(攻守の切り替えを意識したポゼッションゲーム)をたくさんやりますよ。午後は、もっとキツイ。でも、明日の方がもっとハードです」と不敵な笑みを浮かべた。

柏木陽介、興梠慎三の地獄の8日間に向けての意気込みとは

オリヴェイラ監督のプレシーズンのキャンプを鹿島時代に経験している興梠選手は、当時を思い出しながら「変わらないね。鹿島のときも初日から、ガンガンだった。練習試合とか、あまり好きな監督でもない。ずっと2部練習だと思うよ。そんな妥協しない人だから」と2部練習が続く8日間の地獄のキャンプに臨む覚悟は出来ていた。

新加入の杉本健勇は、真剣な表情で取り組んでいた。

「新加入の杉本健勇も真剣な表情で取り組む」沖縄キャンプ1日目 写真レポート

「沖縄キャンプ初日を迎えた男たち」写真ギャラリー<50枚>

浦レポ by 浦和フットボール通信とは?

選手フォーカスしたコンテンツが満載

『浦レポ by 浦和フットボール通信』は、浦和レッズの日々をレポートするウェブマガジンです。浦和レッズのトップチーム、レディースチームの試合レポートから、大原練習場での選手たちの日々、素顔をレポートしていきます。

特徴は、選手にフォーカスを充てたコンテンツです。轡田哲朗氏による、選手にフォーカスを充てた試合レポートから、河合貴子氏による練習場のレポートでは、写真による練習場レポート、選手コラム、選手こぼれ話と、選手たちの同行から、素顔までを徹底レポートしていきます。試合レポート(アウェイ戦でレポートしない場合もあり)、練習レポート(週2回)で、毎週10本~15本のコンテンツを楽しむことができます。

●「選手にフォーカスした試合レポート」轡田哲朗レッズレビュー
●「試合のポイントを解説」河合貴子 試合のポイント
●「写真で練習場の様子をレポート」大原練習場写真レポート
●「レポートでは紹介し切れなかった選手たちの表情」大原練習場写真ギャラリー
●「その日にピックアップした選手について」選手ミニコラム
●「練習場であった、ちょっとした話」選手こぼれ話
●インタビュー(不定期)

PC、スマートフォンでいつでもどこでも楽しむことが可能です。

毎回1,000文字以上のコラムなどを楽しむことができます。サンプル記事

・秀逸だったクロスの動き、キーワードは敵将の「ブラインドサイド」【轡田哲朗ゲームレビュー/明治安田生命Jリーグ第22節 磐田戦】

・橋岡大樹がプロとして迎える初めての夏に、大きな壁にぶつかっている今の心境を語る【選手ミニコラム】

人気の記事

これまでアクセスの高かった人気のコンテンツは下記となります。

橋岡大樹が神戸戦で無念の負傷交代。気になる状態は?

山田直輝が、早大とのTMで久々の90分間出場!1ゴール2アシストで杉本健勇との息もピッタリ

興梠慎三と青木拓矢が辛勝の中で感じた手応えと課題とは【河合貴子 試合のポイント/J第8節神戸戦】

山田直輝がポジション争いに名乗りをあげる「自分の良さを前面に出さないと」

内容に公平な3点差の完敗 経過観察で良いのか考えるタイミング【轡田哲朗レッズレビュー/J第6節横浜FM戦】

ナバウトが法大とのTMでハットトリック「近いうちにゴールをみせる」とリーグ戦での得点を宣言

汰木康也が宇賀神友弥と1対1の対決

 

Jリーグ開幕からレッズを追い続ける河合貴子氏と、新進気鋭のライター轡田哲朗氏が独自視点でレッズの『今』をレポートします。

河合貴子 Profile
1992年Jリーグ開幕から地元ケーブルテレビの番組MCとして浦和レッズに密着取材をし続ける名物リポーター。姉御肌のキャラクターから、選手、サポーターから「タカねえ」の愛称で呼ばれている。

轡田哲朗 Profile
1981年10月30日生まれ、埼玉県出身。浦和生まれの浦和育ちでイタリア在住経験も。9つの国から11人を寄せ集め、公用語がないチームで臨んだ草サッカーのピッチで「サッカーに国境はない」と身をもって体験したことも。出版社勤務の後フリーに。

 

浦和フットボール通信とは
真に浦和と浦和のフットボールを愛する声を集めるサポーターマガジン(FANZINE)です。レッズライフがもっと楽しくなるコンテンツが満載です。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック