『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

浦レポ by 浦和フットボール通信

無料記事:沖縄キャンプ2日目ダイジェスト

「爽やかな青空の下で2日目がスタート!興梠は体調不良で休養に」沖縄キャンプ2日目 写真レポート

「実戦的に!」と声が掛かり、スピードアップしていく。


「5対5のゲーム形式の練習で激しいぶつかり合い」沖縄キャンプ2日目 写真レポート

隙があれば、ゴールを狙う池高暢希。積極性が、好印象だ。

山田直輝が軽快な動きをみせる「僕もビックリ。こんなに動けるとは思っていなかった」

沖縄一次キャンプが始まって、すごくうれしかったのは山田直輝選手がチームに完全合流して元気にボールを蹴る姿を見られたことだ。

昨シーズン、4年ぶりにレンタル先の湘南から浦和へと復帰した山田選手であったが、右腓骨骨折で長期離脱を余儀なくされてしまった。正直なところ思い描いていたような活躍もできず、リハビリのまま昨シーズンが終わってしまった。どんなに苦しかったことだろう。それゆえに、今シーズンにかける思いを強い。キャンプからしっかりとポジション争いに勝ちきるアピールをしていきたい。

だが、ケガから復帰できないままオフになってしまったので、沖縄一次キャンプもリハビリメニューからのスタートになるだろうと勝手に想像していたのだ。ところが、キャンプ初日から臆することなく対人プレーに挑み、楽しそうにポゼッションゲームに参加しているのではないか!?

新外国人選手エヴェルトンの気になる状態は? 柏木陽介は「まだ、ちょっと分からない」

FCポルトからポルティモネンセに期限付き移籍をしていたエヴェルトン選手が、浦和へとやってきてまだ1週間も経たないのに全く違和感のない雰囲気を醸し出している。

しかし、プレーになると話は別だ。ちょっと身体が重たい感じがして、プレーに切れがない。それも致し方ないことである。ポルトガルのプリメイラ・リーガはシーズン真っただ中で、長距離移動で浦和にやってきて、しかも慣れない環境に身を置きオフもなく、過酷な2部練習のキャンプだ。疲労が蓄積されていてもおかしくない状態だ。

ボールをヘッドで返せないのは誰だ!?【こぼれ話】

晴れ渡る青空下で2時間を越える集中した練習を終えて、ヘトヘトになった選手たちを待ち受けていたのは、オリヴェイラ監督が蹴り出したボールをヘッドで触る個人戦であった。

最後まで触ることが出来なかった選手には、もちろん恐怖の罰ゲームが待っている。今回の罰ゲームは、ベリーダンスだ。

地元凱旋の大城蛍がオススメの金武町のタコライス【こぼれ話】

キン(金武町)と言えばタコライス。キンの陸上競技場で試合をしたときに、帰りにタコライスを食べた」と懐かしそうに笑顔をみせた。

「ゲーム形式の練習で激しくバトルする男たち」写真ギャラリー<40枚>

浦レポ by 浦和フットボール通信とは?

選手フォーカスしたコンテンツが満載

『浦レポ by 浦和フットボール通信』は、浦和レッズの日々をレポートするウェブマガジンです。浦和レッズのトップチーム、レディースチームの試合レポートから、大原練習場での選手たちの日々、素顔をレポートしていきます。

特徴は、選手にフォーカスを充てたコンテンツです。轡田哲朗氏による、選手にフォーカスを充てた試合レポートから、河合貴子氏による練習場のレポートでは、写真による練習場レポート、選手コラム、選手こぼれ話と、選手たちの同行から、素顔までを徹底レポートしていきます。試合レポート(アウェイ戦でレポートしない場合もあり)、練習レポート(週2回)で、毎週10本~15本のコンテンツを楽しむことができます。

●「選手にフォーカスした試合レポート」轡田哲朗レッズレビュー
●「試合のポイントを解説」河合貴子 試合のポイント
●「写真で練習場の様子をレポート」大原練習場写真レポート
●「レポートでは紹介し切れなかった選手たちの表情」大原練習場写真ギャラリー
●「その日にピックアップした選手について」選手ミニコラム
●「練習場であった、ちょっとした話」選手こぼれ話
●インタビュー(不定期)

PC、スマートフォンでいつでもどこでも楽しむことが可能です。

毎回1,000文字以上のコラムなどを楽しむことができます。サンプル記事

・秀逸だったクロスの動き、キーワードは敵将の「ブラインドサイド」【轡田哲朗ゲームレビュー/明治安田生命Jリーグ第22節 磐田戦】

・橋岡大樹がプロとして迎える初めての夏に、大きな壁にぶつかっている今の心境を語る【選手ミニコラム】

人気の記事

これまでアクセスの高かった人気のコンテンツは下記となります。

・ポゼッションゲームで2戦連続無得点、準備の読み違えもあったか【轡田哲朗ゲームレビュー/明治安田生命Jリーグ第21節 鳥栖戦】
・川崎の守備ミスを突いて先制、危険な場面を耐えて連勝に成功【轡田哲朗ゲームレビュー/明治安田生命Jリーグ第19節 川崎戦】
・人間としても一級品のファブリシオが3戦連発となる決勝点 ”相棒”武藤が認める能力とは
・清水とのトレーニングマッチで、興梠慎三が負傷退場。気になるケガの状況は?詳細レポート
・激しい練習の後に信じられない光景が・・・。【こぼれ話】
・「新加入のファブリシオがついに合流 関根貴大も大原に顔を出す」大原練習場 写真レポート

Jリーグ開幕からレッズを追い続ける河合貴子氏と、新進気鋭のライター轡田哲朗氏が独自視点でレッズの『今』をレポートします。

河合貴子 Profile
1992年Jリーグ開幕から地元ケーブルテレビの番組MCとして浦和レッズに密着取材をし続ける名物リポーター。姉御肌のキャラクターから、選手、サポーターから「タカねえ」の愛称で呼ばれている。

轡田哲朗 Profile
1981年10月30日生まれ、埼玉県出身。浦和生まれの浦和育ちでイタリア在住経験も。9つの国から11人を寄せ集め、公用語がないチームで臨んだ草サッカーのピッチで「サッカーに国境はない」と身をもって体験したことも。出版社勤務の後フリーに。

浦和フットボール通信とは
真に浦和と浦和のフットボールを愛する声を集めるサポーターマガジン(FANZINE)です。レッズライフがもっと楽しくなるコンテンツが満載です。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック