Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

青木拓矢が昨季レギュラーの座を射止めて迎える今季にかけた思いとは


(Report by 河合貴子)

左肘の剥離骨折完治はしていないがコントロールしながら練習参加

満身創痍で挑んだ天皇杯決勝で栄光をつかみ獲ったが、その後の代償は大きかった。左肘を剥離骨折していた青木拓矢選手。昨シーズンの終盤に無理をしなければ、もっと完治は早かっただろう。

オフにも治療を続けた青木選手は「ちょっと動こうかなと、年始めに思ったんだけど、走ったりしても肘が痛くて、もう止めようと思い安静にして休んだ。実は、まだ痛みがある。自分でコントロールしながら練習している。プロテクターはしていないけど、軽くテープを巻いている」と完治はしていない状態で沖縄一次キャンプに臨んでいたのだ。

(残り 940文字/全文: 1229文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック