【サッカーパック人気2位】 セオリー通りの壁を破った #志知孝明 のFKと #清水慎太郎 のアシス…

浦レポ by 浦和フットボール通信

無料記事:沖縄キャンプ4日目ダイジェスト

「サイドからクロスを入れて攻守の確認」沖縄キャンプ4日目 写真レポート

しっかりとクロスに対応する鈴木大輔だ。

「14種目のサーキット体幹メニューを必死に取り組む」沖縄キャンプ4日目 写真レポート

ドリブルをしながら、ヒラリと障害物を飛ぶエヴェルトンだ。

練習の姿から見える山中亮輔のキャラクターとは?

「今日が、マジで一番キツかった」と沖縄一次キャンプの4日目午前練習を終えて苦笑いしたのは、山中亮輔選手であった。

キャンプ初日のポゼッションゲーム、2日目の攻守のコンビネーションを主体としたミニゲーム、3日目のマンツーマンのポゼッションゲームと激しい動きが要求される中、息を切らしながらも100%を出し切り、ゲーム形式の練習が終了するとピッチに倒れ込むように座り込む山中選手の姿があった。

ファブリシオの気になる復帰時期は? ポルティモネンセ時代の相棒加入に「おいしい思いができる」と喜ぶ

昨シーズン、C大阪戦で左膝前十字靱帯損傷と内側半月板損傷したファブリシオ選手。あの怪我から、約5カ月が経とうとしている。沖縄一次キャンプでも室内調整を行い、リハビリメニューが続いている。だが、キャンプ4日目の午後の体幹サーキットメニューを一部分ではあったがチームメイトと一緒に取り組むことが出来たのだ。

沖縄キャンプでの必需品は?「マジでない」という3人の理由は?【直輝、宇賀神、興梠編】

○山田直輝選手の必需品

「えっ!?何も持ってきてないですよ!」と何か持って来ないといけないのかと怪訝そうな表情をしたのは、山田直輝選手であった。そして山田選手は「シャンプーとか、肌の保湿剤とかは持って来ているけど・・・。娯楽とか何も僕は持って来ないんで、ただみんなと時を過ごす」と答えが返ってきたのだ。

【僕たち同部屋シリーズ第2弾】最年長の阿部勇樹には気を遣う宇賀神友弥だが?

昨シーズンまで、浦和のキャンプでは30歳を過ぎたベテランの選手は、シングルルームが割り当てられていた。しかし、今シーズンは違う。ベテランだろうが、新人だろうが、ツインルームになった。

「同部屋シリーズ!阿部ちゃんです」とチーム最年長のベテラン阿部勇樹選手と同部屋になって声を弾ませたのは、宇賀神友弥選手であった。

宇賀神選手も年齢的には、ベテラン選手の仲間入りをしている年齢である。しかし、相手が阿部選手となると話は別である。

新フィジカルコーチの石栗建コーチで変化したフィジカルメニューとは

サッカーは、時の流れとともにドンドンと進化をしていくものだ。シーズンを通して闘える身体作りのフィジカル面でも進化をしている。

以前のプレシーズンのキャンプでは、12分間の「クーパー走」や「クロスカントリー」などで黙々と走ってフィジカルを鍛えていた印象がある。しかし、いつしか「体幹トレーニング」が加わり、さらにはサッカー的な動きを入れたフィジカルメニューへと変化をしてきている。

「4日目もみっちりトレーニングで、夕日に吠える男たち」写真ギャラリー<60枚>

浦レポ by 浦和フットボール通信とは?

選手フォーカスしたコンテンツが満載

『浦レポ by 浦和フットボール通信』は、浦和レッズの日々をレポートするウェブマガジンです。浦和レッズのトップチーム、レディースチームの試合レポートから、大原練習場での選手たちの日々、素顔をレポートしていきます。

特徴は、選手にフォーカスを充てたコンテンツです。轡田哲朗氏による、選手にフォーカスを充てた試合レポートから、河合貴子氏による練習場のレポートでは、写真による練習場レポート、選手コラム、選手こぼれ話と、選手たちの同行から、素顔までを徹底レポートしていきます。試合レポート(アウェイ戦でレポートしない場合もあり)、練習レポート(週2回)で、毎週10本~15本のコンテンツを楽しむことができます。

 

 

 

●「選手にフォーカスした試合レポート」轡田哲朗レッズレビュー
●「試合のポイントを解説」河合貴子 試合のポイント
●「写真で練習場の様子をレポート」大原練習場写真レポート
●「レポートでは紹介し切れなかった選手たちの表情」大原練習場写真ギャラリー
●「その日にピックアップした選手について」選手ミニコラム
●「練習場であった、ちょっとした話」選手こぼれ話
●インタビュー(不定期)

PC、スマートフォンでいつでもどこでも楽しむことが可能です。

毎回1,000文字以上のコラムなどを楽しむことができます。サンプル記事

・秀逸だったクロスの動き、キーワードは敵将の「ブラインドサイド」【轡田哲朗ゲームレビュー/明治安田生命Jリーグ第22節 磐田戦】

・橋岡大樹がプロとして迎える初めての夏に、大きな壁にぶつかっている今の心境を語る【選手ミニコラム】

人気の記事

これまでアクセスの高かった人気のコンテンツは下記となります。

・ついにフォーメーション練習がスタート アンカーにエヴェルトン登場

・キャンプ初の紅白戦実施 杉本の落としに興梠が強烈ミドルを決める

・地獄のキャンプが終了 鮮やかなコンビネーションと、若手のガツガツ感あふれる2本目【轡田哲朗TM分析】

・午前はインサイドハーフにマルティノス スプリント力が生み出す新たな攻撃とは

・「柏木陽介、興梠慎三、杉本健勇の組み合わせになった白ビブス。この3人の連携は今季のカギ」沖縄2次キャンプ3日目 写真レポート

・指揮官の考えは昨季がベースか 柏木&杉本がトライするコンビの作り方

・柏木陽介アシスト王獲得も、その裏にあった苦悩【2018シーズン選手レビュー】

 

Jリーグ開幕からレッズを追い続ける河合貴子氏と、新進気鋭のライター轡田哲朗氏が独自視点でレッズの『今』をレポートします。

河合貴子 Profile
1992年Jリーグ開幕から地元ケーブルテレビの番組MCとして浦和レッズに密着取材をし続ける名物リポーター。姉御肌のキャラクターから、選手、サポーターから「タカねえ」の愛称で呼ばれている。

轡田哲朗 Profile
1981年10月30日生まれ、埼玉県出身。浦和生まれの浦和育ちでイタリア在住経験も。9つの国から11人を寄せ集め、公用語がないチームで臨んだ草サッカーのピッチで「サッカーに国境はない」と身をもって体験したことも。出版社勤務の後フリーに。

 

浦和フットボール通信とは
真に浦和と浦和のフットボールを愛する声を集めるサポーターマガジン(FANZINE)です。レッズライフがもっと楽しくなるコンテンツが満載です。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック