【サッカーパック人気1位】 残留争い直接対決、鹿児島との大一番。チームが一つになった愚直な姿勢なく…

浦レポ by 浦和フットボール通信

無料記事:沖縄キャンプ5日目ダイジェスト

「密度の濃い2時間20分 激しいミニゲームなどを行う」沖縄キャンプ5日目 写真レポート

とにかく守備側は数的不利な状態で、3人の息を合わせて必死にインターセプトを狙う。

体調不良で離脱していた興梠慎三が、別メニューだが練習を再開。

新加入の汰木康也が「自分が活躍できる環境」と、レッズでの手応え充分!

「だいぶ上がってきました」と弾けるような笑顔をみせたのは、汰木康也選手であった。

サッカーの動きを意識したハードなトレーニングで、フィジカルコンディションを上げていく沖縄一次キャンプで汰木選手は手応えを感じ始めていた。

「まずは、自分のコンディションを100%になるべく早くもっていこうと自分の中で思ってやっている。毎日ハードなトレーニングをしていて、だいぶ距離を走っていると思うし、距離だけでなく、本当に強度が高い中でやれているのでコンディションも上がってきたなという感覚をつかみながらできてる。すごく充実しています」と目を輝かせた。

キツイトレーニングが続く中での選手たちの状態は?【こぼれ話】

2019シーズンが始動して休みなく10日目を迎えた。大原練習場でメディカルチェックを行い沖縄一次キャンプインして過酷な2部練習が続く中、キャンプ5日目を迎えて選手各自のコンディションによって別メニューになってしまう選手が増えてきた。

もともと、昨シーズンの終盤で負った怪我により、武藤雄樹選手とファブリシオ選手はリハビリメニューからのスタートになった。ユースからトップ昇格した大城蛍選手も軽い左ハムストリングの肉離れで、リハビリメニューからになった。

【僕たち同部屋シリーズ第3弾】西川周作が、青木拓矢の行動で気になっていることとは?

「メチャ楽ですよ!」と青木拓矢選手が、うれしそうに話した同部屋のお相手は、西川周作選手であった。

青木選手といえば、おしどり夫婦のように一番の仲良しは武藤雄樹選手だ。「前、一緒だったんですよ。武藤君とは・・・」と笑い、今回は西川選手との同部屋を楽しんでいるようだ。

「疲労もピークになってきた5日目も激しい練習をこなす男たち」写真ギャラリー<50枚>

浦レポ by 浦和フットボール通信とは?

選手フォーカスしたコンテンツが満載

『浦レポ by 浦和フットボール通信』は、浦和レッズの日々をレポートするウェブマガジンです。浦和レッズのトップチーム、レディースチームの試合レポートから、大原練習場での選手たちの日々、素顔をレポートしていきます。

特徴は、選手にフォーカスを充てたコンテンツです。J開幕からレッズを取材する、河合貴子氏による練習場のレポートでは、写真による練習場レポート、選手コラム、選手こぼれ話と、選手たちの同行から、素顔までを徹底レポート。轡田哲朗氏による試合レポート「轡田哲朗レッズレビュー」では詳細な戦術を解説する試合レビューを掲載しています。

試合レポート(アウェイ戦でレポートしない場合もあり)、練習レポート(週2回)で、毎週10本~15本のコンテンツを楽しむことができます。

 

●「詳細な戦術解説試合レビュー」轡田哲朗レッズレビュー
●「選手に視点を充てた試合のポイントを解説」河合貴子 試合のポイント
●「写真で練習場の様子をレポート」大原練習場写真レポート
●「レポートでは紹介し切れなかった選手たちの表情」大原練習場写真ギャラリー
●「その日にピックアップした選手について」選手ミニコラム
●「練習場であった、ちょっとした話」選手こぼれ話
●インタビュー(不定期)

PC、スマートフォンでいつでもどこでも楽しむことが可能です。

毎回1,000文字以上のコラムなどを楽しむことができます。サンプル記事

・秀逸だったクロスの動き、キーワードは敵将の「ブラインドサイド」【轡田哲朗ゲームレビュー/明治安田生命Jリーグ第22節 磐田戦】

・橋岡大樹がプロとして迎える初めての夏に、大きな壁にぶつかっている今の心境を語る【選手ミニコラム】

人気の記事

これまでアクセスの高かった人気のコンテンツは下記となります。

大久保智明が「目に見える結果が一番のアピールになる」と3得点 練習参加の意気込みとは

年イチ級のバッドゲーム 先を見据えて考えておきたいこと【轡田哲朗レッズレビュー/J第23 神戸戦】

準備を実行できなかったとデータで明らか 「鳴かぬなら・・・」の先は何か【轡田哲朗レッズレビュー/J第25節湘南戦】

鈴木大輔が母校の野球部エースの立ち振る舞いを見て反省した理由とは
内容に公平な3点差の完敗 経過観察で良いのか考えるタイミング【轡田哲朗レッズレビュー/J第6節横浜FM戦】

リーグ戦は残留争いに目を向けざるを得ない 議論はどこを前提にするか【轡田哲朗レッズレビュー/J第24節 松本戦】

レッズを熟知するライター陣

Jリーグ開幕からレッズを追い続ける河合貴子氏と、新進気鋭のライター轡田哲朗氏が独自視点でレッズの『今』をレポートします。

河合貴子 Profile
1992年Jリーグ開幕から地元ケーブルテレビの番組MCとして浦和レッズに密着取材をし続ける名物リポーター。姉御肌のキャラクターから、選手、サポーターから「タカねえ」の愛称で呼ばれている。

轡田哲朗 Profile
1981年10月30日生まれ、埼玉県出身。浦和生まれの浦和育ちでイタリア在住経験も。9つの国から11人を寄せ集め、公用語がないチームで臨んだ草サッカーのピッチで「サッカーに国境はない」と身をもって体験したことも。出版社勤務の後フリーに。

浦和フットボール通信とは

真に浦和と浦和のフットボールを愛する声を集めるサポーターマガジン(FANZINE)です。レッズライフがもっと楽しくなるコンテンツが満載です。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック