【サッカーパック人気4位】 【J2うぉっち】運命の終盤戦へ:J2優勝、自動昇格の行方を展望する

浦レポ by 浦和フットボール通信

淵田敬三代表が本日で退任 5年間を振り返って「次に飛躍する土台は作った」

(Report by 河合貴子)

クラブを安定させる基盤を作ることが仕事だった

浦和レッズを5年にわたり牽引してきた淵田敬三代表が、1月31日付けで退任することになった。2月1日からは、昨シーズンは副社長を務めた立花洋一氏が新代表に就任する。

記者会見にて淵田代表は「私が来たのは、2014年の2月だった。5年は長いといえば長いですが、あっという間の5年だった。この間、いろんな問題もあったし、後半は3年連続してタイトルが獲れた。その中でも、試合ひとつひとつが厳しい状況があって、いろんな経験をさせてもらった5年間だった。

クラブとしては、経営的なことを含めて基盤が出来つつあると思っている。2019シーズンは基盤をベースに、我々もかなりの補強はしている。良い状況にあると思っている。5年間、本当にどうも有り難うございました」と深々と頭を下げた。

そして「僕の仕事は、クラブを安定させる基盤を作ることだった。『凡事徹底』という言葉、当たり前のことを当たり前にやる。選手も同じかもしれないが、それが一番大事だった。「みんなでやっていこうね」と一貫して言い続けてきた。

浦和の代表として過ごした5年間の月日を振り返り「最初に来てあのような差別的な横断幕の事案があって・・・」と考え深い表情を浮かべ「これが大きな、2年、3年・・・。4年、5年と本来に戻るために時間を掛けてやってきた。昨シーズンや一昨シーズンの監督交代も大きな決断だった。ひとつ、ひとつが記憶に残っている。

浦和の街に来てすごいなと思ったのは、至る所にサッカーがある。私が育った街にはなかった。サッカーの街なんだという印象だった。サッカーに対する熱さが違う。それを証明するようにサポーターの方のサッカーに対する熱量が、他のところと違う感じがした。非常勤の時には、ここに暮らしていなかったので、代表となって浦和に住んでみて大きく認識が変わった」と話した。

サッカークラブの仕事と一般企業の違いは

(残り 1019文字/全文: 1835文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック