ザ・J2クラブの水戸が首位。2000年に取材した「水戸vs浦和」から思うこと(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

興梠が生涯浦和宣言 リーグ、ACLタイトル奪取を誓う【キックオフイベントレポ】


(Report by 河合貴子)

キックオフイベントでリーグ、ACLタイトル奪取を改めて宣言

週末にゼロックス・スーパーカップを控え、今シーズンもさいたま市内でキックオフイベントが開催された。今シーズンへの期待の表れなのか、寒い中にも関わらず朝6時から並ぶ人もいて、約1300人もの浦和を愛する人々が参加した。

まず初めに2月に代表に就任したばかりの立花洋一新代表が登壇し、満員となった会場を見回して「浦和レッズに対する期待がわかり、ヒシヒシと感じている。今年の目標は、リーグとACLの両方を獲るとスタートしている。皆さんからも「リーグとACLを頼む」と言われた。私も必死に頑張ります」と身を引き締めて挨拶をした。

そして今シーズンの浦和のスローガンを「浦和を愛する人々のために、チームは走り、闘い、貫くことだ」と発表し「皆さんも、同じ気持ちになって走り、闘い、貫いてください。よろしくお願い致します」と深々と頭を下げ、「結果を残して、みなさんにお応えします!」と力強く宣言した。立花新代表の熱い思いを感じて、会場内から熱い拍手が巻き起こった。

(残り 2042文字/全文: 2508文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック