【サッカー人気4位】なぜJ1で4-3-3が急増しているのか…

浦レポ by 浦和フットボール通信

武藤雄樹が筑波大とのTMに45分間出場!復活の狼煙を上げる!


(Report by 河合貴子)

十分に存在感をみせる

「叩いて、裏に抜けていくのが僕の特長の1つ。久しぶりに練習試合をしてでた」とゴールこそは決められなかったが、うれしそうに話したのは武藤雄樹選手であった。

昨シーズンの終盤に右足首を負傷し、沖縄キャンプでもずっと苦しいリハビリを過ごしていた。今月中には完全合流して、ホーム開幕となる札幌戦出場を目標に取り組んできた。ボールを蹴りだしてから、本当にとんとん拍子にコンディションも上がってきている。

(残り 1341文字/全文: 1560文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック