都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

山田直輝、じっくりとプレーに磨きをかけて笑顔で輝きを取り戻す。


(Report by 河合貴子)

課題を少しずつクリアをして自身のプレーを取り戻していく

山田直輝選手の潜在能力を考えると、もっとできる選手なのに、その能力を思う存分に発揮することなく終わってしまった。筑波大学蹴球部とのトレーニングマッチを取材をしていて、本当に歯がゆくなってしまった。

インサイドハーフのポジションで、マルティノス選手とアンカーの柴戸海選手とトライアングルから攻撃のリズムを作り、攻守の切り替え早く、クサビの縦パスを前線に供給したり、サイドに展開してから豊富な運動量で前線を追い越す動きやスルーパスなどを期待していたのだ。

しかし、長期離脱していたことを考慮すると、ベストな状態でプレーと同じクオリティーを求めるのは酷な話である。

(残り 702文字/全文: 1020文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック