浦レポ by 浦和フットボール通信

橋岡大樹が右SBでのプレーの手応えを語る


(Report by 河合貴子)

橋岡大樹のサッカーに対する本質は変わらない

代表ウィークでの中断期間をうまく利用して、浦和は4-4-2システムを導入した。U-22日本代表として橋岡大樹選手は、AFC U-23選手権タイ予選に招集されてチームを離れていた。U-22日本代表では、3バックの右のストッパーを任されていた。浦和に戻り、練習試合となった早稲田大学ア式蹴球部との対戦で、4バックの右サイドバックのポジションでの実戦は初めてのことであった。U-22日本代表で任せられたポジションとも、今まで橋岡選手が浦和で任されていたポジションとも違う。

(残り 972文字/全文: 1239文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック