都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

堀之内聖氏を塾長として、レッズの理念を具現化する『浦和レッズサッカー塾』が6月開講


(Report by 河合貴子)

構想2年以上で6月から開講

浦和がサッカー少年たちのために『浦和レッズサッカー塾』をスタートとさせることになった。このサッカー塾は、少年団に所属していても、他のクラブチームに所属していても参加ができる。プロサッカー選手を目指す子供たちのスキルアップだけでなく、サッカーを通じて豊かな人づくり、人間形成を目標にし、夢や目標に向かってチャレンジする姿勢を育ていく新規事業だ。この『浦和レッズサッカー塾』の塾長は、堀之内聖氏が就任する。

堀之内塾長は「新たな事業として『サッカー塾』を今年の6月から開始することになりました。我々のアカデミーが目標としているプロ選手を育てる部分と、人間教育の人作りの部分にフォーカスを当てた指導内容になっています。一番の目的は、選手育成とタレントの発掘。チームの強化でもあるが、我々の理念でもある青少年の健全な育成や地域貢献にも貢献していけると思う。多くのことを提供できる内容になったと思う」と目を輝かせた。

(残り 1303文字/全文: 1732文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック