サッカーパック『今週の宇都宮徹壱おすすめ3本』

浦レポ by 浦和フットボール通信

チームが同じ画を描き、森監督が目指す形が見えてくる勝利【河合貴子 試合のポイント/リーグ第4節新潟戦】


(Report by 河合貴子)

アグレッシブに攻める

森栄次監督が目指す浦和レッズレディースのサッカーが、少しずつ形になり始めてきた。なでしこリーグの中断期間に開催されたカップ線では、INAC神戸に0-1、伊賀FCに1-1と勝利を収めることが出来なかった。しかし、気持ちを切り替えて挑んだリーグ再開の初戦となったアルビレックス新潟レディースとの対戦は、2-0で快勝することができた。

浦和のDFリーダー的存在の長船加奈選手が、腿裏に違和感があるため大事を取って欠場。カップ戦で2試合先発した高橋はな選手をリーグ戦初先発で起用した。

森監督は「俺のやり方は、ポジションがあってないようなもの。流動的なので、流れの中で右にいかないといけないこともある。頭の中で4-4-2とか4-2-3-1とかを入れてくれれば、あとは自由に入ってくれれば良い考えでやっている。要求することは、ワイドの仕事だったり、ボランチの仕事だったりある。菅澤が下がったらボランチの仕事をしないといっている。流動的にやっている」と話すように、かなり流動的に動き選手たちがピッチの中で判断して動いていた。

(残り 2262文字/全文: 2740文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック