別視点の川崎vsチェルシー、広島FW状況、詳細な山形レビュー『ひぐらしひなつオススメ3本』(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

ゴールは守ったがボールは奪えなかった 確率が収束する前に内容の向上を【轡田哲朗レッズレビュー/J第8節神戸戦】


(Report by 轡田哲朗)

データ会社の発表では25パーセントだったポゼッション率

浦和レッズは20日のリーグ第8節でヴィッセル神戸に1-0の勝利を収めた。前半10分を前に相手の最終ラインで起こったミスを突いて興梠慎三がPKを獲得し、自ら蹴り込んだものが決勝点になった。一方で、試合全体のボールポゼッションはデータ会社「OPTA」の発表だと25.4パーセント。中には30パーセントとしているデータもあると聞くが、この辺りはデータの取り方によるちょっとした違いなので、概ねそういうゲームだったということだ。

これは、A選手からB選手に向けてパスが出された時、ボールが通ってからポゼッションタイムに加算するデータと、途中でカットされたとしてもそれまでにボールが飛んでいる時間をそのまま加算していくデータがあるので、こうした多少のズレは起こり得る。

(残り 2885文字/全文: 3254文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック