【サッカー人気4位】「水戸はトレーニングを継続しながら選手…

浦レポ by 浦和フットボール通信

汰木康也「良い時間にチャンスが欲しい」とリーグ戦出場に意欲


(Report by 河合貴子)

監督には『試合を決めてこい』と投入されているが

「1本のチャンスを、どれだけものに出来るか懸けてやっている」とギラギラとした目をしたのは汰木康也選手であった。与えられた短い時間の中でチームを助ける活躍して、せめて引き分け、あわよくば勝ちたいという思いが汰木選手からヒシヒシと伝わってくる一言であった。

今シーズン開幕してから汰木選手が途中出場したのは、ACLグループステージのホームで闘ったブリーラム・ユナイテッド戦(3-0)と全北現代戦(0-1)、アウェイの全北現代戦(1-2)の3試合であった。追いかける展開のときこそ、汰木選手の見せ場である。得意のドリブルで相手DFを翻弄してゴールへと向かう。シュート、ラストパスと果敢に攻め込む。試合終盤で足が止まりかけた相手には、汰木選手がピッチに送り込まれると厄介な存在になるし、味方にしたらそこでDFを引きつけてくれたり剥がしてくれると楽になる。

(残り 1076文字/全文: 1485文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック