【サッカー人気3位】「(谷口のファウルで染野の)肩が外れて…

浦レポ by 浦和フットボール通信

均衡した中盤と少しリスクを避けた浦和 向上へ見えたステップとは【轡田哲朗レッズレビュー/J第9節清水戦】


(Report by 轡田哲朗)

鈴木の評価が上昇していることが明らかになる

浦和レッズは28日のリーグ第9節で、清水エスパルスとのアウェーゲームに2-0で勝利した。平成最後のゲームと祭り上げられた感はあったものの、清水との試合は浦和にとって状況に関係なく大切な1試合でもある。そのゲームに対して、両者は互いに戦術的な側面の強い良さの消し合いからスタートしたゲームだった。

浦和のスタメンはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)での全北現代戦と全く同じものだった。韓国遠征から中3日という日程でも、右ストッパーに鈴木大輔が起用されたことからも、その序列は岩波拓也の上に来たと言えるのかもしれない。もちろん、橋岡大樹が離脱中という側面もあるので、自然とこの先に森脇良太と比較される日もやってくるだろう。何であれ、センターバックの陣容に関しては非常に厚い。

(残り 2311文字/全文: 2681文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック