【サッカーパック人気2位】 【J2うぉっち】[夏の移籍を総括]J2上位争い編

浦レポ by 浦和フットボール通信

どっちに転んでもおかしくなかった試合 「設計図が全く同じ」【轡田哲朗レッズレビュー/リーグ第10節磐田戦】


(Report by 轡田哲朗)

青木のプレーはサッカー選手に避けられない「事故」

浦和レッズは3日のJ1第10節ジュビロ磐田戦に0-1で敗れた。ホームとアウェーを分けて考えるなら、ホームではすでに3敗目という点でも残念なものだった。そして、決勝点の奪われ方が少なからずショッキングなものであったから、余計に敗戦という2文字が大きく感じられるものになった。

最初にこの失点シーンについて記してしまうと、自陣左サイドで苦しいボールポゼッションになったところで、青木拓矢が西川周作にバックパスを送ったところ、そこには相手FWがいてラストパスになってしまったというものだった。青木本人は「今日は止めておきましょう」と試合後のミックスゾーンで多くを話すことなくスタジアムを後にしているので、実際に彼がその瞬間に考えたことは分かりづらい。しかし、映像で確認すると青木はバックパスを蹴る前に西川の方を見ておらず、蹴った後に相手がいて驚いたような所作だった。その意味で、「周りの動きが足りない」「その前の預けられ方が厳しい」「その前に点を取れ」というのは分からなくはないし、間違いではないけれども、青木のキックがGKに向けてバックパスを蹴る時のセオリーとしてやってはいけない形だったのは事実だ。

(残り 2734文字/全文: 3269文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック