湯麺戸塚にいく(海江田哲朗)【J論】

浦レポ by 浦和フットボール通信

茂木力也が出場チャンスを狙いながら抱える、フォア・ザ・チームへの思いとは


(Report by 河合貴子)

TMでは阿部勇樹とCBを組み存在感を見せる

桐蔭横浜大学サッカー部との練習試合では、試合に出場できるコンディションの選手の特性を考慮してなのか、4-3-3の布陣で臨んだ。

ベテランの阿部勇樹選手とセンターバックを組んだのは、茂木力也選手であった。サイドバックの片方がオーバラップするスライドして3バックとなる。さらに両サイドバックが高いポジションを取ると、アンカーの柴戸海選手が下がり3バックとしてリスクマネジメントをうまくやっていた印象がある。DFラインも高く保ちながら、後方からの攻撃の組み立ても良かった。茂木選手からオーバラップした逆サイドの岩武克弥選手へ、飛ばしのパスも有効的に入れることができていた。

(残り 1141文字/全文: 1458文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック