サッカーパック『今週の宇都宮徹壱おすすめ3本』

浦レポ by 浦和フットボール通信

森脇良太が右ストッパーに戦場を移して見せたいストロングポイントとは


(Report by 河合貴子)

ルーキー岩武を後ろから支える

「湘南スタイルは変わらない。走ってくる。球際を闘ってくる。そういう相手に対して、自分たちが劣ってしまえば難しい状況になる」と怪訝そうな表情をして話したのは、森脇良太選手であった。

ACLグループステージ突破を掛けて北京国安戦が、来週の火曜日に開催される。湘南戦との連戦で浦和にとってここは総力を挙げて闘い抜きたい。橋岡大樹選手が左ハムストリングの肉離れで戦線離脱してから、右サイドハーフを任されていたのは森脇選手だ。だが、この連戦で森脇選手も右ストッパーとして右サイドハーフのポジションで岩武克弥選手の起用が濃厚となったのだ。

(残り 1314文字/全文: 1604文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック