『サッカーがすごく楽しい』細貝萌がタイでプレーして気づいたこととは(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

柏木陽介が「次の試合も期待してほしい」とチーム復活の糸口を感じた理由とは


(Report by 河合貴子)

自らの判断で交代となるが

ACLグループステージ突破を掛けた北京国安戦、試合開始1分のことであった。球際に激しく行く姿勢をみせた柏木陽介選手が、アンカーを任されていたチー・ジョングオ選手と接触。柏木選手の右膝とチー・ジョングオ選手の左膝が激しくぶつかったのだ。しばらくは痛みを抱えながらプレーを続行していた柏木選手であったが、13分に長澤和輝選手と交代を余儀なくされてしまった。柏木選手と接触したチー・ジョングオ選手も、18分にジャン・ユンニン選手と交代するほど激しい接触だった。

柏木選手は「止めとこうかなと思ったけど、自分たちがやるぞと見せる1つプレーだった。来ているのが分かっているなかで、僕もスライディングに行ったし、そこで闘う姿勢を見せたかった。見せることが、チームにプラスになったんじゃないかなと思いたい」とガッツリと激しくスライディングしたのだ。

(残り 1175文字/全文: 1567文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック