【サッカー人気5位】過去2年最も低調な内容

浦レポ by 浦和フットボール通信

石井僚が上武大とのTMで完封勝利に貢献 それでも浜野GKコーチから厳しい一言を受けた理由とは


(Report by 河合貴子)

常に高みを目指して

上武大学サッカー部とのトレーニング・マッチは、圧倒的な力の差を見せつけて前半は3-0、後半は7-0で快勝した。特に7得点も決めた後半で一番気を付けなければいけなかったのは、気の緩みからの失点である。後半、浦和のゴールマウスに立ったのは、まだあどけなさが残る石井僚選手であった。

「少しフワっとした感じで後半に入ったので、しっかりとゼロで抑えられたので良い試合だった」と可愛らしい笑顔を見せた。浦和に主導権を握られ続けた上武大学が反撃をするとしたら、カウンターである。それを、冷静に対応してファインセーブをした石井選手がいた。

(残り 791文字/全文: 1075文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ