『サッカーがすごく楽しい』細貝萌がタイでプレーして気づいたこととは(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

汰木康也がTMを戦い「何倍にも強くなるチーム」と確信した理由は


(Report by 河合貴子)

TMでシャドー、ワイドでプレー

大槻監督体制になり3-4-2-1とシステムチェンジする中、攻撃面でのコンビネーションを確認するには、ちょうど良い相手だと思っていた。ところが、浦和の赤い原石のユースの選手たちは、予想以上にピッチで躍動していた。ボールサイドへとスライドする素早い守備で数的優位を作り、粘り強くトップチームの選手を手こずらせた。見ていても勇ましいほど、攻守にわたりチーム一丸となり組織だっていた。

30分×3本でトップチームが獲得したゴールは、3本目の11分の汰木康也選手がカットインから放ったシュートだけであった。いくら1本目は福島春樹選手、3本目は石井僚選手がゴールマウスに立ったとはいえども、ユースを相手にちょっとふがいない結果であった。

(残り 1579文字/全文: 1919文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック