タグ祭り!ライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

浦レポ by 浦和フットボール通信

宇賀神友弥が「チームにスピリットをもたらす」と意気込む


(Report by 河合貴子)

大槻体制で輝きを放つ

大槻監督体制になり3-4-2-1のシステム変更にともあって、意気揚々と輝き始めた宇賀神友弥選手。

「自分に託されている役割は重要だ。明日もどれだけ自分がやれるかだ。それが、チームの勝利に繋がると思って闘いたい」と鳥栖戦に向けて身を引き締めていた。

宇賀神選手に託された役割を「このフォーメーションは、ワイドのポジションの選手が攻守ともにスイッチを入れられる存在だと思う。そこが悪ければ、チームとしても良くないというようなポジションだ。それだけ責任のあるポジションなんだ。あとは、自分が試合に出ている意味というか・・・。川崎戦でもそうだったけど、自分が球際に(激しくプレスに)行ったりしてスイッチを入れる。それをチーム全体に落とし込ませることができる存在だと思っているので、チームにスピリットをもたらすことが自分に求められていることだ」と真剣な表情をして話した。

(残り 890文字/全文: 1292文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック