【サッカーパック人気2位】 個人頼みに傾倒した柏、戦術的にも運動量でも上回った水戸。敗戦は妥当な結…

浦レポ by 浦和フットボール通信

武藤雄樹の蔚山のディフェンス陣を翻弄するイメージとは


(Report by 河合貴子)

1トップ2シャドーで崩す

「相手は、4バックでくると思う。シャドーの動きが、崩しに置いて重要になってくる」と気合いを入れたのは武藤雄樹選手であった。

蔚山戦の前日、ACLの規定の練習時間が終了し公開されたピッチではクロスに合わせてシュート練習をする武藤選手の姿があった。クロスに対しての飛び込み方も、1トップの興梠慎三選手を追い越すようなイメージで、DFの裏を抜けてゴール前に勢い良く飛び出してのシュートであった。

(残り 1195文字/全文: 1414文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック