【サッカー人気3位】10月20日のJリーグ臨時実行委員会で…

浦レポ by 浦和フットボール通信

汰木康也、蔚山への熱い想いを語る「ドリブルで抜けて必ずゴールに結びつける」


(Report by 河合貴子)

ドリブルへのこだわり

しっかりとした守備ブロックで浦和を苦しめた蔚山。1-1で試合が進む中、69分に蔚山のDFを崩しにピッチへ送り込まれたのは汰木康也選手であった。

「試合を決めるつもりで入った。比較的、うちがボールを握れていた。最後をどう崩すかという部分だけが課題。本当にそこだけだった。それ以外は、完璧なゲーム運びだったと見ていた。自分が入ったら、ドリブルでちょっと違うアクションの崩しをイメージしていた。やることを変えずに、チームのサッカーを継続し、最後の部分を自分が1つ剥がして、ワンツーで崩したりとイメージはあったけど・・・。最後の、最後のところだった」と1-2で逆転負けを喫した蔚山戦後に、ガックリと肩を落として話す姿があった。

(残り 1057文字/全文: 1389文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック