【サッカー人気2位】【インタビュー】樋口靖洋監督「武田と金…

浦レポ by 浦和フットボール通信

”ACL男”長澤和輝が出場停止明けで復活 蔚山攻略のために必要だと思うこととは


(Report by 河合貴子)

中盤で働き蜂となって伏兵となるか

ファーストレグを1-2で落とした浦和にとって、アウェイでの闘いは本当に厳しいものが待ち受けている。決勝トーナメントを勝ち上がりアジア王者奪還を目指して、蔚山に乗り込んだ。

公式記者会見でキム・ドフン監督は「守備よりも攻撃に良さがあるので、アグレッシブにプレーをする」と語っていた。だが、ファーストレグで見せた守備ブロックは本当に浦和を苦しめた。おそらくセカンドレグも浦和が前掛かりになったところを仕留めにくるだろう。

相手にカウンターをさせない前線からのプレスとセカンドボールを回収し、労を惜しまず豊富な運動量で蔚山のDF陣をオフ・ザ・ボールの動きで翻弄するような働き蜂的な役割の選手が欲しい。そう考えるとファーストレグは出場停止だった長澤和輝選手など適任のような気がしてならない。

(残り 606文字/全文: 975文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ