Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

大槻監督が問題を提起したレフェリング、実体験を添えて


(Report by 轡田哲朗)

正解のないゲームコントロール、レフェリーにできること

浦和レッズは6日のリーグ第18節、ベガルタ仙台戦で1-0の勝利を収めた。その中で、飯田淳平レフェリーのジャッジについて、大槻毅監督は試合後の記者会見で問題を提起した。私も実体験を添えながら、少しだけ意見を残したい。少し専門的な用語も出てしまうと思うが、ご容赦いただきたい。

大槻監督は「前半にもう少しコントロールしていたら、仙台の選手のレッドカードはなかったんじゃないかと思うんです。仙台はここまで何試合も見ましたけど、素晴らしい戦い方をしていましたし、僕らもすごく緊張してゲームに臨みましたけど、10人になって残念だったと思いますし、僕らとしては勝ち点3を取れたからうれしいけれども、サッカーをもっと楽しみにして、仙台が好調だというところを見ようとしている人たちにとっては、もしかしたら残念だったのかもしれない」という言葉を残している。

(残り 1858文字/全文: 2266文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック