【サッカーパック人気3位】 「テル(仲川輝人)が決めてくれたのは助かったし、大きな先制点だった」(…

浦レポ by 浦和フットボール通信

橋岡大樹が2失点に絡み「今までにないぐらいの屈辱」も前を向いた理由とは【河合貴子 試合のポイント/J第19節 横浜FM戦】


(Report by 河合貴子)

圧倒されて横浜へのリベンジは果たせず

ホームで0-3と惨敗した横浜FMに対して、リベンジを誓い乗り込んだアウェイの日産スタジアム。誤審があったとはいえ1-3の敗戦は、惨めであった。

試合の立ち上がりは浦和が攻勢に出たが、横浜FMが浦和の様子を見ていただけだったのかも知れない。7分を過ぎると、リーグナンバーワンの得点力を誇る横浜FMが攻撃の牙を剥き出しにしてきた。

浦和は、5-4-1の守備ブロックを退き本当に我慢の連続であった。前半の浦和の決定機といえば、31分にカウンターからファブリシオ選手が仕掛けたクロスを扇原貴宏選手がクリアーしたボールがクロスバーに直撃したぐらいであった。

(残り 2178文字/全文: 2481文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック