田代有三はなぜオーストラリアでセカンドキャリアをスタートさせたのか?(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

槙野智章、練習から鬼気迫るプレー ここから這い上がるための必要だと思うこととは


(Report by 河合貴子)

マリノス戦での課題を修正しながら

守備側が数的不利な状況でのカウンターでも、ゲーム形式の練習でも、鋭い読みで身体を張ってシュートまで持ち込ませない意識で守備を魅せていた選手がいた。槙野智章選手だ。ワンプレー、ワンプレー、実戦さながらの気迫が感じられた。

リベンジを誓って挑んだ前節の横浜FM戦で、誤審があったとはいえ崩されたシーンの反省点を練習で取り組んでいた。身体を投げ出してスライディングした後のボールに対する処理も、素早く立ち上がってルーズボールに食らいつく。プレーでチームを鼓舞しているように感じた。

(残り 638文字/全文: 904文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック