再現性の低いサッカーに未来はないのか?風間グランパスとポステコ・マリノスで分かれた明暗(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

「目標は常に一番近い試合。あともう少し」復帰が待たれる武藤雄樹の状態は?


(Report by 河合貴子)

仙台戦で足首を痛める

仙台戦で、58分に自ら交代を要求してピッチを去った武藤雄樹選手。足首を痛めて横浜FM戦は欠場となってしまった。しかし、7月17日の練習では、部分合流だが練習に参加した。

まだ、長い距離のスプリントやフルコートでのプレーは大事をとって回避したが、小さなグリッドでの外周に攻撃4人、内側に攻撃2人と守備4人の6対4のゲームには参加していた。グッと踏み込んだ時の足首の状態や対人の怖さはないのだろうか・・・。

(残り 596文字/全文: 820文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック