田代有三はなぜオーストラリアでセカンドキャリアをスタートさせたのか?(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

大槻毅監督から見た関根貴大の状態は?磐田戦に出番が来るだろうか?!


(Report by 河合貴子)

浦和での復帰戦なるか?

ジャッジが二転三転する誤審があったとはいえ、それを跳ね返す力もなく横浜FM戦に1-3と敗戦し遺恨が残った。なかなか連勝できない浦和は、アウェイのエコパに乗り込んでジュビロ磐田戦に挑む。

第17節を終了した時点で、最下位に沈んだ磐田を指揮していた名波浩監督が退任し、鈴木秀人新監督の下でリーグ後半戦を迎えることとなった。鈴木新監督の初陣となったアウェイ鹿島戦は勝利を収めることができなかったが、下位対決となった前節の松本戦では、ロドリゲス選手の一撃で7試合ぶりに勝利を収めて最下位を脱出した。その勢いで鈴木新監督になり初めてのホームゲームが浦和戦になる。

(残り 888文字/全文: 1188文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック