監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

荻原拓也が「2年目のジンクス」を打ち破るために強化を考えている部分とは


(Report by 河合貴子)

気持ちで負けない

大槻監督体制になって、ベンチに入ったのがACLアウェイの蔚山戦の1試合だけ、しかも出場の機会も巡ってこない荻原拓也選手。自分は十分に闘える自信がある。当然、焦りから生まれるやるせなさや悔しさ、虚しさ、自信すらも失い混沌した感情が渦巻く。昨シーズン、YBCルヴァンカップ名古屋戦で2ゴールを決めてセンセーショナルなプロデビューを飾った輝きが、どんどんと影を潜めてしまっている。

(残り 176文字/全文: 1193文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック