監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

柏木陽介とのホットラインで、興梠慎三がリーグ新記録となる8年連続二桁ゴールを目指す


(Report by 河合貴子)

あうんの呼吸で達成となるか

Jリーグ史上初となる8年連続二桁ゴールを目前した興梠慎三選手は「キャプテンの復帰を待っている」と、あうんの呼吸でアシストをしてくれる柏木陽介選手の完全復活を心待ちにしていた。柏木選手の完全復活を心待ちにしているのは、興梠選手だけではない。やはり、左足から繰り出すパスはものすごく魅力的である。

5月21日に開催されたACL北京国安戦で右膝関節軟骨損傷し、7月20日の磐田戦では復活してきたと思えたが、連戦となった鹿島、名古屋戦は大事をとって欠場しただけに、札幌戦での活躍に期待が掛かる。できれば、柏木・興梠のホットラインでJリーグの記録を更新したい。札幌戦の前日、久しぶりにFKの居残り練習をする姿があった。

(残り 1081文字/全文: 1411文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック