監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

マルティノス、公式戦8試合ぶりにスタメンへ「いろんな持ち味が出せると思う」


(Report by 河合貴子)

水戸攻略のイメージは完璧

「前節も出場していないし、フレッシュだ!」と天皇杯・水戸戦に名乗りをあげたのはマルティノス選手であった。

そして「自分の持ち味を発揮しようと、試合に飢えている選手たちがいる」と目を輝かせて「水戸は、すごく頑張るチームだ。走って、プレスバックもしっかりとしている。キープできるFWがいる印象だ。彼をシャットダウンすることができれば、大きな勝利のチャンスが転がり落ちてくると思う。相手は4枚(4バック)でくると思うが、我々のスピードやコンビネーションで崩せると思う」とやる気満々であった。

(残り 849文字/全文: 1116文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック